若狭湾でのキス投げ釣りと居酒屋日記とリラックマ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨の予報
2010年10月04日 (月) | 編集 |
10月3日は天気予報では雨模様ですが、日本海側では昼まで天気が持ちそうです。
昼までの釣行とするとランガンするような余裕はありません。
しかも遠くには行けないので、舞鶴近郊で釣りをすることにしました。
朝5時からキスの様子をうかがいましたが、ピンキスが数匹釣れるのみでエソがそのキスに襲い掛かかってきます。ルアーマンも数名おられてキスは低調であろうと判断し、先週同様ハゼと遊んで帰ることにしました。
それにしてもこのところキスがダメです。

舞鶴魚市場の近くにある河口から200mほど上流の浅いところでハゼ釣りができます。
潮が満ちてきて海水が川に入ってくる時がチャンスタイムです。
逆に潮が引いて川が流れ始めると、川底が見えるような状態になり釣れなくなります。

HI3D0279.jpg

舞鶴市内で護岸はとても広いので天気のいい日には、多くの人がファミリーでハゼ釣りを楽しまれています。
対岸までは50mほどしかないので、軽くチョイ投げできるタックルでいいです。
浮き釣りなどでも釣れますが、広く攻めるほうが効率はいいです。
針数は3本くらいで、ケン付き流線型7号~9号くらいの針がいいでしょう
小さい針では小型のハゼが掛かってしまいます。またエサも大き目につけるほうがいいです。

投げるとすぐに入れ食いで掛かってきます。
テクニックも何もありません。入れたらすぐ巻く→アタリがある→軽く合わせる→巻くの繰り返しで連掛けできます。3本とも付くか、アタリがなくなれば回収します。

たまにいいサイズのハゼも混ざります。

HI3D0278.jpg

11時ごろ天気が怪しくなってきたので終了
8cm~19cmまでのハゼが素針なく釣れ続きました。

今日は天候を見ながらの釣りでゆっくりできませんでしたが、来週は連休なのでキスを探しに行きたいと思います。

HI3D0280.jpg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
input id=