若狭湾でのキス投げ釣りと居酒屋日記とリラックマ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
落ちキスシーズン?
2010年10月19日 (火) | 編集 |
10月17日は晴天の予報で、日本海側の波も東向きの波で投げ釣りには最高です。
最近はキスのアタリを楽しんでいないこともあり、良型を求めてホームグランドの宮津湾へ行きました。
例年であれば落ちキスシーズンで良型がばたばたと足元で釣れる時期です。
投げ竿も封印してルアーロッドでチョイ投げランガンするパターンです。
ところが10フィートのシーバスロッドを破損してしまいました。(´Д`)
なのでこの日は重たい投げ竿でチョイ投げします。

最初に行ったのがいつもの江尻周辺です。
4時に到着して仮眠して日の出前に起きて準備するはずが日の出後に起きてしまいました。
すでに入る予定の場所に人が入っています。(´Д`)
仕方ないので別の場所でスタートします。
一投目からアタリがあります。しかも途中で流れ藻に根掛りしたのか重くなります。

HI3D0283.jpg

タコちゃんでした。キスもついてます。

その後も良型のアタリが続きます。

HI3D0284.jpg

HI3D0286.jpg

しかしこの日もこいつが邪魔をします。

HI3D0285.jpg

今年はほんとにちゃりこが多いような気がします。

その後も移動しながら釣り歩きます。
数はあまり出ませんが、ピンキスはほとんどなく中型中心で面白いです。

HI3D0287.jpg

たまに良型の連もあります。
さすがに連で掛かると我慢できずに巻き上げてしまいます。

HI3D0288.jpg

すっかり落ちキスモードかと思われたのですが、10:00頃になるとパタリとキスの姿が見えなくなります。
ここから場所移動(迷走)の始まりでした。

マリントピア手前→江尻漁港手前→日本クリニック手前護岸→栗田浜とランガンしましたがまったくダメ
そのまま由良海水浴場へ向うも、みなさん上がられてくるので尋ねると・・・
「朝からまったくあかんわ~」とのことです。逆にこっちの魚見てうらやましがられるくらいで、とてもここで投げる気になりません。この時点で昼過ぎだったので場所変えもラストチャンスです。
しょうがないので、由良の対岸にある神崎海水浴場へ行くことに。

まず東神崎からスタート
ここも状況悪いのか人がぱらぱらしかいません。

HI3D0291.jpg

投げてみると犯罪ちっくな小指くらいのマイクロピンサイズが釣れます。
波打ち際はクサフグの猛攻があります。
沖のテトラ際を攻めてみてもマイクロピンが釣れます。

すぐに由良川方面に場所移動します。
由良川のすぐ近くまで延々歩いていきます。

HI3D0290.jpg

写真はテトラがなくなる西の端です。
ここから先はテトラがなくなり投げ釣りに適した浜が続きます。
いつもならテトラ際にこだわるのですが、落ちキスシーズンには何でもない浜のほうがいい場合が多いです。
特に離岸流にこだわらなくても、駆け上がりさえあればその付近で良型が出ます。

しかし20cmクラス2匹釣れましたが、ほとんどはマイクロピンサイズでなんとも期待外れな結果でした。

水温はまだまだ高いので、落ちキスモードに入っているとはまだ思えないのでもう少しキス狙いで行きたいと思います。

まあ由良の状況に比べれば宮津はそこそこだと思います。

HI3D0292.jpg






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
input id=