若狭湾でのキス投げ釣りと居酒屋日記とリラックマ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宮津湾 江尻
2010年06月08日 (火) | 編集 |
宮津湾の江尻です。

湾口側の防波堤
HI3D0025_convert_20100608141450.jpg

江尻漁港側

IMG_0089.jpg

江尻は漁港から湾口へ向けて防波堤が3本あります。
3本目と2本目の間が、秋の落ちギスシーズンに型のいいキスがつれていました。
ただし、現在3本目付近が埋め立てられました。
今年はここでは期待できないようです。

防波堤から沖向きに投げる場合は、非常にきついアマモ帯が2色~3色付近に存在します。
根がかりは相当覚悟しなければならず、引き釣りには向いていません。
ただしアマモ帯には大型キスの回遊があります。
私は毎年キス釣りをここからスタートしています。慣れてくればどこにアマモがあるか分かりますので、引き釣りすることも可能です。木オモリや発泡材オモリなどの浮き上がりが早いオモリを使えば、根がかりも減少します。

漁港の防波堤からであれば、アマモ帯より手前が砂になっています。
ここでは真夏に、小型のキスが引き釣りで楽しめます。
2色以内ですのでちょい投げのファミリーフィッシング向きです。
ガッチョが非常に多い年もありますが、何かしら釣れてくれますので退屈しない釣り場です。

秋にはエギンガーが大勢訪れますので、少し投げ釣りしづらいです。



-------- 2011年春に追記 ----------

1本目の防波堤から2本目の間に出来た小さい石積みの島2つ

IMG_0088.jpg

さらにチョイ投げしにくくなっています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
input id=