若狭湾でのキス投げ釣りと居酒屋日記とリラックマ
発砲オモリ改良のつづき
2013年08月15日 (木) | 編集 |
昨日の釣行で固定アームの問題点が出てきました

どうも2本のステンレスアームを鉛の下部でスリーブで圧着しており、アーム全体の長さがアタリを不明瞭にしているようです

Microsoft PowerPoint - プレゼンテーション1_001

仕掛側のアームから道糸側へアタリが伝わるまでの長さが長いですよね
アタリがボケて当たり前ですよ

( ̄(エ) ̄;)

Microsoft PowerPoint - プレゼンテーション

分離アームの場合は当然アーム長が短いですからアタリはダイレクトに伝わります

じゃあ上にもスリーブで止めてやればいいのでは?
でもそんなことするとキャップの上が不細工ですね
( ̄(エ) ̄;)

そこで下記のように変更します
1本のアームではないので何とも言えませんが、スリーブ止める位置が上であれば分離アームとほぼ同等の感度が出るのは間違いないはずです

IMG_2506.jpg

まず2本のステンレス線をスリーブで圧着します
オモリの穴に入れてハンマーで突っ込みます

IMG_2507.jpg

ここまでは前回と同じですね
次に発砲部分を鉛に通し接着します

IMG_2508.jpg

さらに先端部分にスペースができるよう少し短めに加工してます
ここのスペースにスリーブを通し圧着します

IMG_2511.jpg

先端のキャップを接着して
アームのリングを作って完成です
見た目は変わりませんが、キャップの内側で圧着してまし
アタリを伝達する距離が短くなって感度が向上してるはずです

IMG_2512.jpg

次の釣行でテストしてみます

( ̄(エ) ̄)
コメント
この記事へのコメント
まいろ〜
おお〜色々考案されてますね
差し出がましい事で申し訳ないですが
それなら、いっその事
アームをへっどのとこで圧着溶接するのは
どないです?
胴の所は2本も要らないしです
ちゅう事で、失礼しました。
2013/08/16(Fri) 11:16 | URL  | 投げ吉 #-[ 編集]
Re:
投げ吉さん こんにちは

はいおっしゃる通りですね
2本いらないかもです
ただこのスリーブ圧着はあまり強度がないのです
実は分離型のときに、もともとのアームを再利用したくて2本をスリーブ圧着して天秤を作ったことがあります

このとき投げてるうちに圧着部が上下にズレてしまいました

上下方向に動く可能性が高いので、下のスリーブを鉛に埋め込んで強度を得てる訳です

ステンレス溶接でもすればいいんですけどね

固定がガッチリできる方法が見つかったらやってみます

( ̄(エ) ̄;)
2013/08/16(Fri) 14:32 | URL  | くまきち #A1vz8dvw[ 編集]
ただいま~。
しばらくは外出続きでした。

投げ釣りは良く知らないんですが、アタリをダイレクトと言うなら、誘導とかにはしないんですか?
もともと誘導でしたか?
あと、L型が多いようですが、Λ(ラムダ)型は使わないんでしょうか?
2013/08/17(Sat) 00:38 | URL  | 遥 #-[ 編集]
Re: ただいま~。
遥さん こんにちは

越冬キスでは誘導でやるときもありますが、普通キスの引き釣りでは固定ですね
動いてる仕掛けに食ってきますので、あまりテンションが掛かってると針掛しまません
天秤アームの弾力が針掛かりのキモです
投げ竿は堅いですから誘導で直だと掛けにくいですね
アームの径でも掛かりが変わるのですが、そこまで気にしないようにしてます
深みにハマりそうなので
( ̄(エ) ̄;)
2013/08/17(Sat) 16:03 | URL  | くまきち #A1vz8dvw[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
input id=