若狭湾でのキス投げ釣りと居酒屋日記とリラックマ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宮津湾で中型キス
2010年08月01日 (日) | 編集 |
8月1日舞鶴方面での釣果がピンキス(マイクロサイズ)中心なので、今週も宮津へ向かいました。
新しい投げ釣り場所を探すことにしました。
前々から伊根方面に向かう際、道路沿いの砂浜で投げてみようと思っていました。
そこで今回は、養老漁港周辺の砂浜で投げ釣りをすることにしました。

場所は養老漁港入口手前の伊根方面に左カーブする手前右側の海岸です。

HI3D0209.jpg

HI3D0210.jpg

すぐ前にテトラがありますので、看板奥の小さい防波堤からテトラの横を沖に向かって投げてみました。
しかし、一投目から根掛り発生です。
(´Д`)

何度か方向を変えて投げなおしてみますが、おもりを引き始めると根掛りします。
明るくなってから海底が見え始めてわかりましたが、数多くのシモリとアマモが生えています。
とりあえずここでは引き釣りするのは難しそうです。

投げ竿を封印して、10号の天秤でルアーロッドに変更しました。

HI3D0213.jpg


シモリの間は砂地ですので、シモリ周りを丁寧にキャストして狙います。

ゆっくり巻いてくるとすぐにアタリがあります。

HI3D0206.jpg

キス、ベラ、ちゃりこの3連

ここはやはりシモリが多いので、ベラがかなり多いです。
20匹ぐらい釣ったでしょうか?
ベラ3連もありました。

HI3D0208.jpg

ただシモリ周りや藻場についているキスは、中型以上であることが多いです。
ぱらぱらですがキスが釣れます。

ところがこの日はベラだけでなく、ちゃりこがかなり群れていました。

HI3D0207.jpg

だんだん釣りにくくなったので場所移動することに
キス10匹ほどここで釣りました。
引き釣りができないので数釣りできませんが、足場もよくファミリーフィッシングには最適な場所だと思います。

次に行ったのは、日置のマリントピア手前の浜です。
ここは昨年秋の落ちキスシーズンに行ったことのある小さい浜です。

行ってみるとこの日は高潮注意報が出ていたこともあり、満潮で浜がほとんどない状態でした。

HI3D0211.jpg

HI3D0212.jpg

先に釣っている人が一人いました。
聞いてみるとぱらぱら釣れているとのことです。

ここはアマモがところどころ生えています。またアオサも生えており、ときどき漁師さんがアオサ取りされています。引き釣りできるポイントはかなり限られており、初めてここで釣りをするときには、根掛りもかなり覚悟しないといけません。

ここも砂地の場所をピンポイントで攻めれば、かなりの釣果が期待できます。
キス以外にもメゴチやマゴチなども釣れます。

この日もメゴチとマゴチ釣れました。

ぬめぬめメゴチくん

HI3D0216.jpg

小さい魚が大好物のマゴチくんです。

HI3D0214.jpg

今日はここが正解です。
このポイントで40匹ほどキスを追加できました。
サイズもマイクロピンサイズはなく、中型が多かったので来週も宮津に釣行します。

HI3D0218.jpg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
input id=