若狭湾でのキス投げ釣りと居酒屋日記とリラックマ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ冬キスへ
2016年11月07日 (月) | 編集 |
3日は強風波浪注意報が出てたので日曜日に釣行することにしました

久しぶりに奈良越えて熊野方面へ
いつものエサ屋が閉まってます
( ̄(エ) ̄;)

仕方なく生きの悪いエサやさんで購入

どこで釣ろうかと迷っておりましたが
まずは大泊のサーフでやってみることに

日の出とともに開始しますが・・・
アタリなし
あちこち投げても
アタリなし
移動決定

( ̄(エ) ̄;)

さらに南に行くか北上するか?
北上する事を決定
これが最大の判断ミスでした

新鹿へ

ここもアタリなし

賀田へ

大人の事情により釣り不可

三木里

フグしか釣れず

( ̄(エ) ̄;)

坊主はいやなので尾鷲へ

坊主逃れのためピンキスの浜へ
なんと3名様すでに入られてます
( ̄(エ) ̄;)

狭い浜なので釣りできず
でも釣れてるか聞いてみると
全くダメでアタリもないとのこと・・・
マジですか?
( ̄(エ) ̄;)

ここでダメならあそこしか・・・
くまきちの数釣りポイント
サーフ横の波止投げポイントへ

一投目でキスは釣れて一安心
しかしその後アタリがない

磯際のマニアックポイントに移動
浅いところを中心に攻めると
ピンが連で釣れます

なんとか坊主は免れましたが
店に出すキスが確保できてません
( ̄(エ) ̄;)

時間的にもう最後のポイントになりますね
最後に選んだのはいつもよく行くんですが、釣りはしたことない場所です
サーフなんですが
砂と言うよりは砂利浜なので敬遠しておりました
でも南には七里御浜のように砂利でも釣れるとこ結構ありますし
祈るような思いで向かいます

到着すると浜には投げ釣り師が一名います
浜の真ん中で帽子かぶって寝てはります
( ̄(エ) ̄;)

でも高そうな白竿に白い樹脂スプールです
きっと相当ベテランの投げ釣り師です
死人のように眠ってはります

その寝てはる左側の波打ち際は砂が細かいですね

寝てはるので試しに左側で投げてみることに

何投かしてみてなんとなく見えてきました

5色目は結構オモリが掛かります
4色目でやや引けるかな?
3色で砂地に
でも2色入る前に少しまた荒い底に
その前は砂ですが生体反応なし

投げすぎるとベラがガンガン釣れます
最初の引き始めでベラが掛かってしまいます
( ̄(エ) ̄;)

3色の砂地で止め気味に待つのがベストのようです

2匹ほど釣ったところで
左を見ると波止が見えました
そちらからねらえば釣れる3色ラインを横に攻めれそう
寝てる方が釣り始められますでしょうし
逆風になりますが25号くらいのオモリで十分届くかと

その方がどの距離を狙うのか確認できますしね

時刻は11時過ぎ
ここから14時くらいまで結構アタリが続きました

ただしかなりピンポイントです

釣れる時間を熟知されてるかのように
投げ師の方が再開されましたね

起きられた投げ師の方もその釣れるピンポイントに向かって投げられてます
初めての場所ですがやはりポイントは間違ってなかったようです
なんだかちょっとうれしい
( ・∀・)=b グッジョブ



ちょっとシモリ際まで粘るとベラやキタマクラが掛かってきます

時折マシンガンのようなアタリがありますね
ガガガガンって感じのびっくりするような
何度かやってると掛かったようです
すごい重いです

でかいイソベラかフグと思ってたら



おいしい奴です
なかなかええサイズ

店で売りましょう

14時までなんとかぱらぱらと釣れました
サイズ的にはまあ天ぷらサイズですが
いい場所を発見しました

帰り支度して車に戻ると
さっきの投げ釣り師の方も先に帰り支度されてました

その方としばしお話しておりましたら
どこかでお見かけしたような

くまきちも熊野方面の参考にさせていただいたことのある
ダディーさんでした
たぶん南の殿でお見かけしたことがあるのかと

ただならぬ雰囲気だとは思いましたが納得です

落ちキスはもう終わりかな~と
10月は結構よかったそうです
南もけっこう早かったようですね
確かに南は南でも徳島方面とは水温が違いますしね

でも今日は殿で爆釣だったみたいです
ダディーさんのお仲間が殿で釣られてるようです
くまきち完全に移動する方向間違えました
( ̄(エ) ̄;)

その後も貴重なポイントの話をお聞かせいただきました
ありがとうございます
勉強になりました
m(._.)m

年間ものすごい釣行回数と移動距離だそうで
月に4000キロはふつうとのこと

くまきちだいたい2000キロくらいですから・・・
( ̄(エ) ̄;)

くらべもんにならんです
頭が下がります

しかもあの遠投が必要な波松で爆釣されてますので

ほんとに貴重なお話聞かせていただいて感謝いたします
釣りはもう一つでしたが
うれしい出会いがありましたので南へ行って正解でした

キス   ピン~18cm  27匹
カワハギ           1匹



そろそろ冬モードですね
数そろえるのが難しくなります

( ̄(エ) ̄)

南の落ちキス
2016年10月31日 (月) | 編集 |
ついに本格的な寒さがやってきてしまいました
日本海側は北風が吹いて大荒れの予報
大キス祭りもまだ本格化していないようですし・・・
何より寒さが非常に苦手なのです

くまきち今年の6月くらいから体調不良でして
左下腹がシクシクと痛むのです
しかも徐々に痛みもはっきりしてきまして・・・
痛みの位置も徐々に下に降りてきております
現在は○ん○んの横くらいです
仕方なく近くの病院へ
すると担当医師があろうことか女医さんです
場所が場所だけに恥ずかしい
( ̄(エ) ̄;)

結局その病院では原因つかめず
おそらく結石だろうとのこと
恥ずかしい思いをしただけでしたよ
( ̄(エ) ̄;)

紹介状書いてもらって大病院でCT撮ってみましたが、腎臓にも尿管にも石は見つからず
すでに出てしまったのでしょうか?
抗生剤出されて様子見になりました

まあ結石は見つかりませんでしたので一安心です

体調も万全ではないので今週は暖かい南でまったりする事にしました

出発時の気温10℃
えら寒です

到着時の気温13℃
やっぱり南ですね

朝6時頃からゆっくり準備始めます

20161031040431258.jpg

南向きで後ろに山がありますので
この浜は北風には強いです
べた凪で緩やかなフォローの風

以前によかった場所でやってみます
磯際に投げますが・・・

まったくアタリなし
( ̄(エ) ̄;)

遠投してみますが
まったくアタリなし

なんで?

海水さわってみます
えらい温いですよ

これもっと浅いとこにおるのかも?
サーフの波打ち際へ水平に投げてみます

20161031040923996.jpg

バッコバコですね

ガンガンアタリがあります

20161031041008283.jpg

やっぱりまだ夏モードのようです

20161031041047682.jpg

ところが日が昇るとアタリが遠のきます
サイズも冴えませんし
あちこち投げて見ますが
波打ち際以外でアタリがありません

磯際をネチネチ攻めてると

20161031041222429.jpg

通りすがりのキスが釣れますが
あまりの状況の悪さに移動することに

次に行ったのも南向きの浜

20161031041542086.jpg

ここはさっきと違って広大なサーフですが
実は結構シモリの多い浜なんです
4色も投げると根掛かり多発する場所があります

浜の中央付近は根掛かり少ないみたいですが、両サイドはかなりきついシモリが点在しております

従って真ん中付近で投げ釣りされてる方が多いですね

くまきちは当然シモリのあるとこで投げます

あちこち投げてると結構フグが沸いてるようで針がなくなります
でもキスはいるようです

移動しながら手早く下がってると
1色でひったくるようなアタリ

20161031041950115.jpg

ビンゴです
シモリに囲まれた場所にキスが溜まってます

20161031042033137.jpg

同じ場所で釣れ続きますね
完全に落ちキスモードですよ

20161031042129441.jpg

サイズもいいですね

フグを避けるために早くさびいてるので、連掛けするのは難しいですね

そこで仕掛けをホンテロン2号のハリスにしてみます
くまきち仕掛けは自作なのでアホみたいな太いハリスも用意しております
モトスとハリスは回転ビーズなのですく交換可能

すると

20161031042415565.jpg

フグ、キス、フグ、キスの4連
( ̄(エ) ̄;)

うーんやっぱり連掛けねらわず一匹づつ確実に釣るのがベストかも

お昼過ぎまでずっと同じ場所で釣り続けました

20161031042629187.jpg

入れ物いぱーい
( ^(ェ)^)

今週は祭日もあるのであまりたくさん釣ると余ってしまうので、13時頃に納竿しました

20161031042727514.jpg

キス   ピン~21cm    70匹

前半戦はピンギスが多くてどうなることかと思いましたが・・・
いい場所見つけましたね
でもまだまだ知らない場所があるはず
3日も天気良さそうなので楽しみです

( ̄(エ) ̄)
ピーナツカボチャ
2016年10月22日 (土) | 編集 |
常連さんからいただきました



ピーナツみたいな色形だからでしょうね

でもくまきちはあれにみえます
あのテレビで昔よく見た
あれですがな

クレクレタコラ(50代ならお分かりかと…)に出てた



チョンボです

これに見えてしょうがない

どうやって調理しましょうか?
困りました

( ̄(エ) ̄;)
落ちキスの不思議
2016年10月17日 (月) | 編集 |
先週に引き続き落ちキスを狙いに行きました
しかし今週の潮は朝8時が干潮、14時が満潮ですね
朝マヅメはあまり期待できないかも?
ただ午後にかけてダラダラと釣れるのではと思われます
数釣るには午後にかけて上げていく潮の方がいいかもです

現地到着4時
日の出前まで仮眠します
しかし寒くて眠れない
外気温11℃
結局エンジンかけて寝ました
( ̄(エ) ̄;)

この日もキャスティズム385とサーフリーダCI4+30
の組み合わせ
軽くないと落ちキスの場合手数が多いので疲れます

少し空が明るくなる前に投げてみます
全くアタリがありません
( ̄(エ) ̄;)

仕方なく東の空が明るくなるのを待ちます
そして第一投目

4色投げて糸ふけとってると
ガンガンと凄まじいアタリ

辛抱できずに回収

20161017030350910.jpg

おおっと
ええサイズがいぱーいですがな
ヽ( ̄(エ) ̄)ノ

続けて

20161017030527234.jpg

アヒャヒャヒャ(゚∀゚≡゚∀゚)ヒャヒャヒャ

こらたまらん
20cmクラスがバッコバコですがな

連掛け辛抱できません
ひったくるアタリが連続します

20161017030708078.jpg

アヒャヒャヒャヒャ ヘ(゚∀゚ヘ)(ノ゚∀゚)ノ ヒャヒャヒャヒャ

しかし世の中そんなに甘くはありません
しばらくすると20cmオーバーはいなくなってしまいます
当たり前ですがこのまま釣れ続くはずはありません
( ̄(エ) ̄;)

干潮になると

20161017031054029.jpg

こんなことに・・・

( ̄(エ) ̄;)

しかし8時を過ぎて上げに転じると
時折潮目もでたりして

20161017031222535.jpg

さすがにサイズはおちますがバコバコに
お隣に3人組の若いちょい投げの方が・・・

サゴシつり上げてます
その後エソも

しばらくするとくまきちにも洗礼が・・・

20161017031452945.jpg

左のキスを半分飲み込んでましたよ
しかも針掛かりしてないのに上がってきました
引っこ抜いたらサーフにボトッと落ちました
なんという食い意地の強さ
( ̄(エ) ̄;)

フィッシュイーターにかじられながらもキスは逃げないようで
ピンポイントですが入ってきますね

結局満潮前の13時まで釣って
クーラーにキスが入らなくなりました

20161017032220283.jpg

クーラーいぱーい
ヽ( ̄(エ) ̄)ノ

だいたいこのクーラー満タンだとサイズにもよりますが200匹程度だと思われます
去年同じくキスでいっぱいにしたとき200くらいでしたね
そのときとサイズも同じくらいですし

20161017032525577.jpg

これと

20161017032547507.jpg

これ

キス  15cm~24cm   200匹くらいかと

今年の落ちは遅れてるという意見もあるようですが・・・
くまきちはそうは考えていません
実は釣れ始めたのは9月の中旬くらいからなのです
タムさんと小浜でお会いしたときそんな話をしておりました

9月は波が高い日が多かったのであまり釣行できなかったのですが、すでに同じ場所で釣れ続いておりました
そう考えるとキスの群が例年より小さいだけなのかもわかりませんね
まあ今日の朝のようなこともあるので、条件によるのかもわかりませんが
( ̄(エ) ̄;)

なぜピンポイントに集まるのかも解明できてないですし・・・
ほんと落ちキスに関しては謎が多いですよ
学術的に落ちキスの研究してる人いないのかな?
いないか

( ̄(エ) ̄;)
鮮烈に香るインディアペールエール
2016年10月12日 (水) | 編集 |
久しぶりのビールねたです

サントリーのクラフトセレクトシリーズですね

鮮烈に香るインディアペールエール
とすごいインパクトのある名前ですが・・・

インディアペールエールとは
インドに輸出する際に腐敗防止のために大量にホップを入れてつっくた苦みの強い上面発酵ビールのことだそうで

強い苦みと高いアルコール度数が特徴のビールだそうです

20161012013608371.jpg

色はやや濃いめです
香りは柑橘系の強い香りがしますね
北米産のシトラホップだそうで

飲んでみます

ああ~
けっこうな柑橘系の香りです
その後に強い苦みが襲ってきますよ
なかなかパンチ効いてます

さわやかな柑橘系のビールとは一線を画します
明らかに強すぎます
香りも苦みもアルコールも

飲みやすさは無いです
ただし飲み応えは抜群です
度数も6.5%

濃い系ビールの中でもおもしろい存在です

好みはかなり別れますが
なかなかのインパクトですよ

苦みがどんどん襲って来ますね~
味の濃い食べ物と合うかも

和食ではないか

まあこんなのもあっていいかと

あー酔ってきた
くだくだ飲むには最適です

一度お試しあれ

( ̄(エ) ̄;)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
input id=